北名古屋市の整体院は、かねこ自然療法院へお越し下さい。
HOME>整体師かねこの日記
 / 腰痛 / 肩こり / 寝違え / 偏頭痛 / 膝の痛み / ぎっくり腰 / ヘルニア / その他 / 

整体師かねこの日記

嘔吐(2013/10/31)自律神経失調症なら北名古屋市の整体(かねこ自然療法院)へ
70歳代の女性のお客様。
今年のはじめころから月二回のペースで通われている。
数年前から月に1~2回くらいひどい嘔吐が始まり1~2日間は寝込んでしまう。
病院で検査してもはっきりとした原因はみつからず、自律神経失調症といわれたらしい。

お話ししてみると、とても自分にも他人にも厳しい性格であることがわかる。
そして、嘔吐が始まる前に何らかの精神的なストレスを感じていることが多い。
当初、このストレスはご本人は自覚していらっしゃいませんでした。

当院へいらっしゃってから半年間は、全く症状に改善はみられませんでした。
ですが、ご本人が私の整体を気に入っていただき継続していらっしゃっていた。

整体術で身体の歪みを解きながら、ココロの癖の話しをずっとしてきました。
ご本人も途中から自分の症状がストレスが原因になっていることを理解しだし、熱心に私の話しを聞いていただきました。

そして、約半年が過ぎたころから今までの4ヶ月間、一度も嘔吐の症状がでていません。

これも先日書いたように、精神病とは全く違います。
身体は自分のココロの状態を表現して我々に教えようとします。
ですから、このお客様の身体は嘔吐という表現でストレスを感じている、ココロが苦しんでいることを教えようとしていたのでしょう。
ですから、ある人は腰痛になり、ある人は肩こりや頭痛で表現する場合もあります。

身体の症状はココロの状態を表現している。
また、お客さんに教えていただきました。

投稿者 かねこ自然療法院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
心療内科?(2013/10/27)坐骨神経痛なら北名古屋市の整体(かねこ自然療法院)へ
40歳代の男性のお客様。
常連さんの紹介で初めていらっしゃいました。
2年前くらいから身体中に不快な症状が出ているらしい。

全部右側ですが、首筋、肩甲骨まわり、腰、股関節。
張りや痛みを感じるらしい。

心配なので、病院で検査してもらっても何の異常も見つからない。
原因が分からないから更に不安になっていく。

最終的には、心療内科へ行くように勧められたそうです。
病院で検査して異常がない場合、最後には心療内科を勧められることはよくある。

施術前の検査をしてみると、左右バランスは完全に崩れている。
これはご本人も自覚していただいた。特に首回りでは左を向くと右の首筋が痛む。
ココロの病が原因で自分が痛いと思い込んでいる状態とは明らかに違う。

ただ、この方の場合、ココロの癖で身体が歪んでいる比率が高いのは間違いない。
ご自身も自覚されているようにかなりの心配症。

身体の歪みを解消していく方法として、身体を直接刺激して改善させる方法とココロの癖を解いていく方法がある。
この方は間違いなくココロの方からアプローチする方が有効だと私は判断しました。

施術をしながら、ココロと身体の関係を説明し、ご自身のココロの癖を理解していただきました。

施術終了後に検査してみると、左右のバランスがもとに戻り、首の痛みもなくなっていました。

実際に、うつ病等のココロの病で痛みがあると思い込んでしまっている方もいらっしゃいます。
そういう方には心療内科も必要なんでしょう。

ですが、病院の検査で異常がみつからないからといって、安易に心療内科へ行くことを勧めるのもどうかと思います。



投稿者 かねこ自然療法院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
何度でも(2013/10/17)腰痛なら北名古屋市の整体(かねこ自然療法院)へ
何度でも繰り返せばいいじゃないか。

そして何度でも気が付けばいいじゃないか。

それをいちいち責める必要はない。

責める気持ち(エゴ)があるから繰り返す。
そのエゴに気が付くために、繰り返す。
その連鎖に気付いていけばいい。

その度に自分を観ていけばいい。

それを一生続けていく。

やめよう、繰り返しちゃいけないと思うから、繰り返す。

全部許していけばいい。

急がずに、ゆっくりと・・・。


投稿者 かねこ自然療法院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
(2013/10/12)ぎっくり腰なら北名古屋市の整体(かねこ自然療法院)へ
30歳代の男性のお客様。
特にどこか痛むとかではないのですが、
2月くらいから、母親の勧めで月に一度くらいいらっしゃる。
そう、お母さんに言われるから来るみたいな感じ。
とても内気な方です。

いわゆる派遣の仕事で、私のところへ来るようになってからすでに三つめの職場。
前回の来院の時に、何気なく職場の様子を聞いてみた。
すると、先輩や同僚の方への不満がいっぱい出てきた。

ですが、この不満、前の職場やその前の職場にいる時も同じことを言っていたような気がします。
これはご本人も自覚していらっしゃるようです。
そこで、我々のココロの癖について話しをしてみた。

その感情の原因は、先輩たちから言われる言葉や行動ではなくて、自分がもっている価値観やエゴから来るということ。
だから、どこの職場に行っても同じような現象に苦しむ。だって、原因は自分のココロにあるんだから。

この話しをし始めたら、お客さんのエネルギーが一変しました。
完全にシャットアウト・・・。閉店ガラガラ状態です。こうなるとどうしようもありません。

最後に一言聞いてみた。
「今、自分が責められているような感じがしてない?」

「・・・はい」

まさしくこれなんです。
私には、彼を責める気持ちなんて微塵もない。ただ、ココロの性質という事実を話しただけ。
だけど、彼は自分が責められていると感じる。
それは、なんでか?

無意識に自分で自分を責めているから・・・。
自分を責める気持ちがない人は、どんなことを言われても、それをただ「そうなんだ」と捉える。

この方、職場でも同じようなことが起こっているんじゃないだろうか?
先輩たちは、ただ事実を伝えているだけ。仕事上彼にして欲しいことを伝えているだけ。

それを聞いて彼は自分が「責められている」と解釈してしまう。

これが少し理解できるようになると、楽になるんだけどなぁ。



投稿者 かねこ自然療法院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
脚の痛み(2013/10/10)坐骨神経痛なら北名古屋市の整体(かねこ自然療法院)へ
数か月前から右脚が痛むといって通われている40歳代の女性。
坐骨神経痛に似た症状です。
前屈をすると痛む。くしゃみをすると痛む。長時間座っていると痛む。長時間歩いていると痛む等々。

週一ペースで8回くらい通われています。
毎回、痛みは緩和するのだけれど、また戻るの繰り返し。でも、私のところに来る前よりはかなり楽にはなっている。

この方、私のところへ来る前に、整形外科で腰椎の狭窄症かもしれないと診断されていました。
ただの坐骨神経痛ならもっと早く症状が緩和していてもおかしくないので、この診断は間違ってなかったのかもしれません。

ただ、前回と今回の間に大きな変化がありました。

娘さんにせがまれて、遊園地に行ったそうです。
症状も軽くなってきていたので、少し不安だったけど思い切って行ってみたとおっしゃっていました。

すると、一日中遊園地を歩いたのに、脚が痛くならなかったそうです。
とてもうれしそうにご報告していただきました。

狭窄症というのは、短期間に治るものではありません。
中にはまったく治らない方もいらっしゃいます。
でも、この方は根気よく通っていただいた結果、少しずつですが変化が出始めたようです。

投稿者 かねこ自然療法院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
10